スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アマツカゼ 観劇

2008.04.08.07:59

7日で大ちゃんの舞台「アマツカゼ」も無事東京千秋楽を迎えたようですね。
大ちゃん、カンパニーの皆様お疲れ様でした。
まだ大阪公演があるので、大阪千秋楽まで無事に舞台成功して欲しいですね。
嵐のメンバーも潤くんだけまだ観劇してなかったけど、6日に観劇できたようで、忙しい中でも皆が観劇できてよかったです。多分ソワレだったのかな。
そして、私はその6日のマチネを観劇することができました。
ボキャブラがないので、その感動をなかなか上手く言葉に表わせそうにないのですが、その様子と感想を書き残したいと思います。

まず、12時半開演の10分前くらいに青山劇場に着いた時には、当日券の列が、入り口がらぐるっと劇場の後ろにできていました。
日曜日だしどれくらいの方が並んで、何枚くらいの当日券があったかはわかりませんが、会場に入ると2階後方に立ち見席で30名くらいの方は立って観劇されてたようです。

では、感想はネタバレになるので続きで。
前回の「テンセイクンプー」では同じ青山劇場の後方のお席だったので、なかなか表情まで見れなかったんだけど、今回は4列目という良席で、凪をはじめ役者さんたちの表情や動きをしっかりと見ることができました。
開演前から何だかドキドキで、胸いっぱいな状態に。
後ろを見ると会場全体立ち見までぎっしり詰まった席を見て、この場にいれることを本当に幸せだな~って感じました。
13時を5分過ぎた頃、公演が始まりました。
最初からの激しい殺陣のシーン、壮大な演出にみるみるうちに芝居の中に引き込まれ、圧倒され、その殺陣の凄さ、動き、速さ・・・うまく言葉にならないけど、鳥肌がたちました。
いつも見せる顔とは違う笑顔のない大ちゃん、いや凪がそこにはいました。
ヤバイよ私。・・・・めちゃくちゃかっこよかった。
笑わない凪、だけど表情のひとつひとつに苦悩、悲しみ、憎しみ、いろんな感情が隠されていて、大きな舞台で、時には凪がとても大きく見えて、時にはとても小さく見えました。
その背中でも強さや弱さがはっきりと感じられました。
怒り悲しみの目の奥にも、目がキラキラしていた。
素人発想だけど、どうしたらあんな殺陣の動きができるんだろう?
個展やったり他のバラエティやったりの忙しい中、これだけのものができる凄さ。
改めて身体能力の高さを感じたし、もちろんその裏にある努力も感じました。

「勝てない殺陣」って言ってた意味がよくわかり、佐藤アツヒロさん演じる山城不動に何度も立ち向かっていくんだけど、ことごとく跳ね返される。
見ていて辛くなるほど。
その跳ね返される時の立ち回りも、かっこいいんです。
山城不動もかっこよかった。
あっくんが舞台俳優さんとして、数々の舞台に立っていることは、嵐ファンになって知ったが、さすがは先輩!本当に声も舞台役者さんで、そのいでたちにも圧倒されるものがあった。
以前にあっくんの日記のQ&Aで、ジャニーズってことでチャラチャラしてるように見られたくないから、あまり手を振ったりピースしないって書いてたことがあって、あっくんはこれまでの過程で本当に舞台役者さんとしてやってきたんだなぁってつくづく感じました。
まさか、20年前にファンだった光GENJIのあっくんにこの年になって実際に会う日がくるとは、不思議なものだけど。中学生だった当時は、ファンクラブに入ったりコンサートに行くなんて考えもしないお茶の間ファンだったのにね。
こんな素敵な舞台俳優の先輩もいるんだから、大ちゃんはじめ、嵐のメンバーもたくさんの舞台に立って欲しいなぁって思う。

そして、凪と不動の緊迫した間に特に笑いを誘うのが、仁雷役の武田義晴さんと、虱役のきだつよしさん。
どこまで芝居でどこまでアドリブなのかわからないくらい、面白かった。
そんなきださん演じる虱が、凪の心を変えていくんだけど、大ちゃんやあっくんがきださんに”おいしい役”って言ってたのもわかるような・・・本当に面白くもあり、感動したシーンもあった。
そして、凪と虱の間にあった、大ちゃんを取り入れた笑い。
粘土だったり、個展だったり、釣りだったり。
今回は笑顔のない凪だから、そういった大ちゃんならではのシーンがないのかな?って思ってたら、「FREESTYLE」のジャンプまで飛び出して、いいもの魅せてもらいました。
それでも大ちゃんはちゃんと笑わずに演技していたね。さすがプロだわ。
一度だけ凪が途中で笑うシーン。仁雷に”友達”と言われ、「じゃあ」と言って去るシーン。
ここでやっと笑顔が見られた。
あとは、カーテンコールまでいつものスマイルは見られなかった。

布を使った演出。
水・血・帆・・・。
布ひとつでいろいろなものを表現していく。
そこには本当に水が溢れ、血が流れ、風をうけるように。
そんな演出からもお芝居に入り込んでいったように思う。

陽炎役の松本まりかさんの演技力は素晴らしかった。
声も素晴らしいし、女性ながらにして、あの殺陣と動き。
白い腕が赤くなって刀のあとのようになっているのがわかった。
陽炎の涙には、本当に涙させられた。
今まで松本さんのこと知らなかったけど、素晴らしい役者さんだと思った。

約2時間半のお芝居の中で、本当に殺陣のシーンが多くて、動きが速くて、かっこよくて、圧巻させられた。
凪の汗、ハンパじゃないほどポタポタ落ちていた。
凪の涙に、私も涙して、涙で滲んで見えなくなるのを抑えるのが大変だった。
怒りの手の拳には、細く浮き出た血管。
本当に凪の表情が今でも蘇ってきて・・・。

憎しみや、悲しみ、裏切り、・・・決して”陽”のお芝居ではないのに、終わった時自然に笑顔になれた。
凪がそういったものから解放されたのがわかったからということもあるが、お芝居に入り込んでいて、(自分が演じたわけじゃないのに)演じきった達成感のようなものをカーテンコールで感じた。

カーテンコールは5回。
1回目は、キャストみんなで。大ちゃんが「ありがとうございました。」と言って深々と頭を下げた。
2回目もキャストみんなで。上手へ、下手へ、そして中央、全体を見渡しながら礼する大ちゃん。
3回目はキャスト6人で。2階席まで、スタンディングオべーション。
それを見て、座長の大ちゃんが他のキャストの方も呼び、キャスト集合。
手を振っていた。
4回目は大ちゃん一人。笑顔で手を振ってピースも。幕が下がっていくのにあわせて大ちゃんも最後までかがんで。
鳴り止まぬ拍手に、5回目登場。
大ちゃん一人。「ありがとうございました~」と言って、本当に笑顔で手を振っていた。
幕が下りる最後まで覗き込んで。

このカーテンコールの笑顔を見ていて、本当に心から笑顔になって拍手していた。
お芝居の中でのキラリと光る真剣な眼差し、カテコでのキラキラの笑顔。
本当に素敵なものをもらった一日でした。
また役者大野智を見てみたいです。





theme :
genre : アイドル・芸能

comment

Secret

NoTitle

2008.04.08.21:46

こんばんは!・・・YUKKOさんの「アマツカゼレポ」に、
昨日の夢のようなひとときに、また浸ることができて、うれしいです♪
昨日は、東京千秋楽ということで、カーテンコールの時に、ちょっと特別編として、「センゴクプー」の登場人物紹介的なことを、今のキャストのみなさんで演じてくれて・・・
楽しかったです!(しゃもじでエアギターしてましたよ♪)
ただ、残念だったのが、舞台後半「きださん」がのどを痛められ、辛そうでした・・。「感情を激しく出しすぎて・・・」と・・カーテンコールでみんなに土下座して謝られていましたよ・・。

大野くんの舞台は初観劇でしたが、すこぶる男前でした!殺陣も、軽やか過ぎる動きはさすがでした♪
大野くんはもちろん素敵でしたが、話そのものに
思いっきり引き込まれていきました。
こんなに素敵に、憂いを秘めた人になれるんだ♪と
役者・・?演者・・?の大野智さんに改めて感動でした。

カーテンコールで、やっとやわらかな表情になった、凪ではない大野くんに会うことができて、泣きそうになりました・・。
でも、最後まで、座長にふさわしく凛とした挨拶をしていたので・・・・本当に男前でした!

今度は、嵐の大野くんとして会いたいです♪
ドームチケ・・当たっていますようにと祈るばかりです!

べぇざぁさん。

2008.04.08.22:56

こんばんは~♪
こちらこそ、千秋楽のお話ありがとうございます。
きださんのブログで、何かあったようなこと書いてたので、気になってたんですがそんなことがあったんですねぇ。
大阪までには期間もあるので、きださんもカンパニーの皆さんもゆっくり休んでまた復活して欲しいですね。
座長は、今日明日もバラエティの収録のようだけど・・・。
体調には気をつけて欲しいですね。
カテコの特別編、いいな~!
「センゴクプー」が再演されたらいいなぁって思います。

私は「テンセイクンプー」に次いで、大ちゃんの舞台は2度目の観劇だったんだけど、テンセイよりも数段レベルアップされた舞台だったように感じました。
大ちゃんの殺陣、動き、役者としての姿、本当にかっこよかったですね♪
私は劇中から泣いていたので、カテコでは大ちゃんの笑顔で反って笑顔になれました。
大ちゃん、涙ではなく凛とした座長の姿だったんですねぇ。
本当にお話ありがとうございます。

今度は嵐コンでの大ちゃん見たいですねぇ。
ソロ曲も大ちゃんのだけまだ聞いてないので、またどんなダンスや歌を魅せてくれるのかも楽しみですe-343
Welcome!
プロフィール

YUKKO

Author:YUKKO
こんにちは!
ご訪問ありがとうございます。

毎日嵐くんから笑顔・元気・パワーを貰って、仕事・家事・育児にと頑張れてます!!
そんな潤くん・嵐5人のことが大好きな主婦です。

大好きな嵐のこと、
日々見たり感じたこと、
色々と書いて行きたいと思います(*^^*)

お気軽にコメントしてくださいね。
(但し、内容と関係のないコメントやトラックバックは管理人の判断で削除させていただくことがあります。)

嵐インフォメーション


★LIVE DVD 「ARASHI 10-11 Tour ~君と僕の見ている風景~ STADIUM」
NOW ON SALE 



★LIVE DVD 「ARASHI 10-11 Tour ~君と僕の見ている風景~ DOME +」
NOW ON SALE 

★シングル「ワイルド アット ハート」(松本潤主演「ラッキーセブン」主題歌) 
 NO ON SALE

★アルバム「Beautiful World」
NOW ON SALE



★松本潤主演ドラマ「ラッキーセブン」月曜9時放送中

★大野智主演ドラマ「鍵のかかった部屋」月曜9時 4月16日スタート

★相葉雅紀主演ドラマ「三毛猫ホームズの推理」土曜9時 4月スタート 

★櫻井翔主演ドラマ「謎解きはディナーの後で」SP 3月27日放送

★櫻井翔主演ドラマ「ブラックボード~時代と戦った教師たち」4月5日放送

★2012年24時間テレビパーソナリティ



★相葉雅紀ナレーション映画
「日本列島 いきものたちの物語」
公開中

★二宮和也主演映画「プラチナデータ」2013年公開
フリーエリア
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
フリーエリア


 
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
携帯からもこのブログをご覧になれます。
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。